最新記事 更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太古の温暖化でウマは小型化、ネコの大きさだった?

1 :一般人φ ★ 2012/02/26(日) 00:07:01.00 ID:???

【2月25日 AFP】5000万年以上前の地球は今よりもはるかに暑く、北米の森ではペットのネコくらいの大きさのウマがうろちょろしていたとする論文が、23日の米科学誌サイエンス(Science)に発表された。


article-1268831-094D22E5000005DC-340_634x381_m.jpg
身長約35cm、ぬいぐるみのような世界最小の馬が誕生する


米フロリダ自然史博物館(Florida Museum of Natural History)などの研究チームは、米ワイオミング(Wyoming)州で発掘されたこれまで知られている中で最も古いウマの祖先「Sifrhippus」の歯の化石を分析。このウマが、恐らくは火山の大噴火によりメタン放出量が急増し気温が上がった十数万年の間に、温暖化に適応するため、小型化していたことを突き止めた。

■30%超も小型化

5600万年前に地球が突然温暖化した暁新世・始新世境界温暖化極大期(Paleocene-Eocene Thermal Maximum、PETM)から17万5000年の間に、多くの動物が絶滅した。また絶滅しなかった動物も限られた資源で生き延びられるよう小型化した。この間に地球の平均気温は約10度上昇。北極の海面温度は現在の亜熱帯水域の温度に等しい23度にも達した。今回の論文によると、Sifrhippusの体はこの時期の最初の13万年間で約3分の1ほど縮み、体重4キロのイエネコほどの小ささになった。その後の4万5000年の間に再び大きくなり、体重は7キロ程度まで戻った。この間にほ乳類の約3分の1の種が小型化し、中には元の大きさの半分程度になった種もあった。

■動物は今の温暖化についていけるのか?

研究は、地球に現在住む動物たちが、気候変動と二酸化炭素(CO2)排出量の増加による地球温暖化にどのように適応するかについて、ヒントを与えてくれるものかもしれない。論文の共著者である米ネブラスカ大学リンカーン校(University of Nebraska-Lincoln)のロス・セコード(Ross Secord)氏によると、一部の鳥類ではすでに、過去のもっと気温が低かった時期よりも小型化していることが確認されている。だが、CO2排出量の増加は産業革命から始まったに過ぎないため、動物の大きさに変化の兆しが現れるのは、1世紀から2世紀先になりそうだと研究者は言う。なお、5600万年前の地球温暖化は、1万~2万年で10度上昇という、現在よりもはるかに遅いペースで進行した。そのため、セカンド氏は次のように指摘する。「このようにスケールが違うと、次のような疑問が生まれる。動物は今のペースについていけるのか? 次の数世紀で体の大きさを調節することができるのだろうか?」(c)AFP/Kerry Sheridan

▽記事引用元 AFPBB News(2012年02月25日 12:35)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2860524/8531357

▽Science
「Evolution of the Earliest Horses Driven by Climate Change in the Paleocene-Eocene Thermal Maximum」
http://www.sciencemag.org/content/335/6071/959



3 :【 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 】 2012/02/26(日) 00:17:11.05 ID:sdXjgKXa

手乗りマンモスは?
4 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 00:22:10.03 ID:E1PrmcjW

>3
8700万年前にいたらしい可能性も否定できないかもしれないと思われる。


5 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 00:22:57.91 ID:DkoL3pde

1万年前くらいに、たった10年で8℃平均気温が上昇した時期があった。
最終氷期末の温暖化で、氷床に近い所などでは海水面が一気に百メートル近く上昇したという。

低草ステップが広がっていた黄海と華北でも大絶滅があったかもしれない。
華北のY-D1グループが消失して、日本には朝鮮高地に避難していたY-NO派生グループが渡ってきたとも考えられる。
35 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 08:15:54.92 ID:8b43rfnA

>>5沖縄の近所の與那国島に海底遺跡が発見されている。
一万年前というのは本当らしいな。
神道の祭祀場の跡である。

ピクチャs3ダイビング海底遺跡
海底遺跡! 


7 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 00:26:07.02 ID:FtTWj6hc

暑いと小さく、寒いとマンモスやクジラのように大きくなるのか


10 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 00:39:14.71 ID:tiewx0Fe

サラブレッドはカッコイイけど、馬が猫サイズになっても可愛くはないな


12 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 00:43:55.16 ID:4EFG8XJS

馬ぐらいの猫がいてもおかしくな… いましたね。。。orz...

10102408g32_2.jpg
世界一長い猫 ―― 全 長 123 cm



16 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 01:15:58.05 ID:BpxOC0sl

5000万年前にいたのは馬ではなくて馬の祖先じゃないのか。
ヒラコテリュウムとかメソヒップすとかいうやつ

Horseevolution.png
ウマの進化



19 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 01:55:13.08 ID:NDlhM8D9

猫サイズの馬ってすげーひ弱そうなんだがよく生き抜いたな
20 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 02:00:57.43 ID:yuOG9Io7

>>19
おまえの祖先は野ねずみサイズ。オレもだけどさ。
22 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 02:48:32.21 ID:NDlhM8D9

>>20
俺の勝手なイメージだけど
猿や猫なら木登りできるし、ジャンプで越えられない障害物も多少は登れるじゃん
それに狭いところも身を屈めてくぐり抜けられるけど馬は出来なそう
そういう意味で不利かなって思いましてね

21 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 02:20:12.85 ID:yoFYIKqj

俺はご立派な馬サイズなんだが・・・
25 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 04:36:52.73 ID:JmVo/w6E

>>21
人間の女性じゃ相手できる人いなくて可哀想(´・ω・`)


23 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 04:07:42.52 ID:tfOQ2PcD

馬の体格が大きくなったのは最近。

ヨーロッパ中世では、車を引くのはブタ。
日本じゃ牛車。

アラブ・地中海の一部で改良が進んでいたのみ。
24 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 04:18:35.87 ID:DlcSPgz5

>>23
えっ、豚を食用以外でも使えたのか?
不勉強で初耳だわ。
確かに中世ヨーロッパは貧しい農家でも豚は飼っていたらしいが。
30 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 07:11:29.66 ID:7rKnF5ra

>>24
トリュフは豚が見つけるね
34 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 08:09:33.85 ID:FpVZazTO

>>24
下水が発達してなかった頃は屎尿処理に使っていたぞ>豚
んじゃその豚の糞はどうすんだって話だが…
とりあえず人が歩くところから屎尿が無くなったらそれで良かったっぽい。
29 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 07:10:44.08 ID:7rKnF5ra

>>23
ドバイが馬の聖地と言われる理由はそれなんだ、なるほどね




27 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 06:16:40.26 ID:TdYzRIzA

>>1
>ウマは小型化、ネコの大きさに

いくらなんでも、これは有り得ないのでは。
(ネコぐらいのウマの化石が出ているならまだしも)

ナゼなら、ウマは草食動物だぜ。
ネコぐらいの草食動物がいるとしても、その歯の大きさと形状から言って草を咀嚼し食べて生きるのは難しい。
28 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 06:39:42.08 ID:txwpVm4d

>>27
うさぎとか生きるのは難しいの?
32 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 07:51:52.97 ID:TdYzRIzA

>>28,>>31
ま、うさぎ、リスなどは正確には植物性雑食。
草も食べるが、木の芽・樹皮、木の実や果物、昆虫も食べる。

それを可能にしてるのが、動きの自由度が高い「手」にあるだろう。
しかし、馬は何しろあの「ヒヅメ」だからな。

(ネズミは、完全に肉食を含む雑食)
40 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 09:31:08.41 ID:HdXA5KHd

>>32
ウサギはかなり純粋な草食性だよ
草食性で同種の動物の糞を食う動物、
ウサギやコアラなんかは
葉っぱから徹底的に栄養を絞り出すためにそうしてるんだから


39 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 08:29:36.35 ID:jEDvCUyH

手乗り鹿と呼ばれているマメジカみたいな感じか。

05マメジカ2-thumb
世界の新種生物~なんでそんな・・・に???~



43 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 09:51:56.31 ID:vvpDUPcz

余り小さいと巨大化した虫に喰われるな


48 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 11:41:11.79 ID:8atFIicE

あの蹄じゃっていうけどこの時点じゃウマ類はまだあの1本爪にはなってないぞ。


50 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 12:11:26.59 ID:UDewJFMY

手乗りタイガーもいたのかな?


とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)
(2011/12/21)
間島淳司、釘宮理恵 他

商品詳細を見る



53 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 12:37:17.38 ID:nHAfWN9t

そんな馬の大きさだったなんて昔の騎兵は大変だったんだな(´・ω・`)


57 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 13:03:58.57 ID:KMMpxPuJ

温暖化詐欺師も末路だな。


62 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 14:17:44.28 ID:dgzMjAkW

たった1800年前までは
人間もフローレンス人みたく小型化してたみたいだね
魏志倭人伝とかにも載っているし


64 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 14:35:56.83 ID:6rDgCRX3

栄養状態が慢性的に悪化したら、ピグミーのように体格を小さくする
方向に進化する方が集団として有利になるだろう。


69 :名無しのひみつ 2012/02/26(日) 15:58:36.11 ID:5epreEA9

大型犬サイズのミニチュアホースは既にいるけどな。
盲導犬ならぬ盲導馬に育てようと奮闘してる人が日本にいるが、
成功したかなあ。ちょっと無理だと思うが。






手乗りマンモスのモウちゃん(1) (KCデラックス)手乗りマンモスのモウちゃん(1) (KCデラックス)
(2009/01/23)
小田 ひで次

商品詳細を見る
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリ
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

jin24


デザイン目下検討中です。
相互リンク・相互RSS募集中です。

カウンター
About
RSS.png  Twitter.png
検索フォーム
RSSリンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
Google
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。