最新記事 更新状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイルスは生物か

1 :とうやこちょうφ ★ 2012/09/30(日) 00:43:03.01 ID:???

巨大ウイルスは細胞性の生物と共存し、古細菌(アーキア)、細菌(バクテリア)、真核生物とは異なるスーパーグループを形成している
BMC Evolutionary Biology 2012, 12:156 doi:10.1186/1471-2148-12-156

(ものすごくざっくり:ウイルスは生物ではないことになっているが、巨大ウイルスの研究からは、実はウイルスも系統樹の中で4つ目の上界として生物に分類されるべきだ、という主張)

背景
細胞性生物に匹敵する粒子の大きさやゲノムサイズ、DNA翻訳機構を持つ巨大ウイルスが発見され、またこれにウイルス寄生物(virophage)までも発見されていることよりその起源については考えさせられべきものがある。ウイルスは明らかに生命の古い形であり、系統樹に組み入れられるべきものであろう。

結果
細胞生物と巨大ウイルス(DNA2重らせんと中~超大型プロテオームを持つ)の、プロテオーム(どんな種類の蛋白質を持つか)やタンパクドメインの進化を比較して系統樹を再構築してみた。プロテオームの系統樹では、ウイルスは古細菌、細菌、真核生物に次ぐ「第4の上位群」あるいは上位界ということになる。ドメインの系統樹からは、ウイルスは原始的で圧倒的な縮小が進化の過程に起こっていることになる。巨大ウイルスには発現しないタンパク質ドメインが相当数含まれ、寄生性細胞性プロテオームとウイルス性プロテオームは比肩すべきゲノム的、構造的多様性をもつ。さらにウイルスのドメインは細胞性生物内に広く存在することから、ウイルスは細胞生物間での遺伝子の受け渡しを担い、生物多様性に重大な役割を果たしたのではないか。

結論
これらよりウイルスの位置付けを再考する必要がある。ウイルスは、以前存在したあるいは共存する生命の別の形と考えることができ、生物圏の中で重大な役割を担っているかもしれない。
(訳:とうやこちょう)


photo_20121007123054.jpg



ソース
http://www.biomedcentral.com/1471-2148/12/156/abstract

解説(英語)
http://www.sciencedaily.com/releases/2012/09/120913123520.htm

解説(日本語);状況の細かい解説付きです。
http://blog.livedoor.jp/xcrex/archives/65709012.html
http://shinka3.exblog.jp/18493096


3 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 00:46:20.36 ID:Rf3naOgT

生物工学の所産の物体ではあるよね
非生物、ってのも何だかなあ
イメージとして「生物に至っていない出来損ないの半生物」って感じ


6 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:07:01.75 ID:AXRFL2Tg

寄生分子界でええやろ


7 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:10:03.69 ID:AXRFL2Tg

ウィルスなら宇宙旅行しても結構遠くまでいけるんやないのか?


8 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:10:45.11 ID:WuxhiKYc

どこからどこまでを生物かなんて
哲学か宗教の領域。


9 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:18:34.77 ID:Pt0ic5oQ

恣意的ではあるが哲学でも宗教でもない
分類がある以上はどっかで線を引かざるを得ないってだけのこと


10 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:22:58.33 ID:GKA0ApJc

古い形の生命???

生命と持つとして、新たな分類するのは別にいいと思うけども。
ウィルスは、自己複製ができず、他の生きた細胞に寄生して増える。
先に、他の生命が存在していないと、生まれないと思うが。。。

①他の生命が生まれ、しばらくしてからウィルスも発生
②他の生命とウィルスは同時発生
③他の生命が生まれ、その一部が退化して、ウィルスになった

位しか、思いつかんが。。。
13 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:32:39.73 ID:2s/rxy7e

>>10
最初期に他の系統から分化して今は寄生生活者しかいない系統の生物群だと考えればいいんじゃないか。
おそらく複製装置の完成すら分岐後なのかもしれないけど。
49 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 09:35:11.14 ID:6/p6B/ED

>>13
寄生生活者以外の系統は何故滅んだのかについては見当付いてる?
58 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 11:46:53.56 ID:uiCSC2rt

>>49
おそらく自前の複製装置が未熟だったからだろうな、托卵する鳥が自分で孵卵するのがうまくないようなもんで。

そもそもウイルスが単系統だと言い切れてること自体意外だが。
60 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 11:59:59.39 ID:BzCbenkO

>>58
特定の巨大ウイルスの一群に関しては単系統、ということなのだろうけど、
寄生による単純化でウイルスになった場合には細菌あたりの分類群に収まる可能性もありそうだが……とは思う


12 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:27:16.31 ID:OQX13KDI

自ら己のコピーを作れない

物は生物として認められん
16 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:41:02.33 ID:+fpF8hcE

>>12
童貞の俺のことか?
32 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 04:01:03.01 ID:L9IyZFGL

>>16
お前は毎日数百万の己のコピーを生産しとろうが


15 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:35:33.73 ID:Rf3naOgT

出現の順序として
ウィルス→生物(単細胞生物)ってのは無いんだよね
他の生物の中でしか存在できないのがウィルスだから
ミトコンドリアとか葉緑体と一緒で
元々別個の細胞生物が他の細胞生物内に寄生しているうちに
RNAやらDNA(とその保管容器)だけ残ってしまった
単細胞生物の残存物、で良いのかな?
46 :素人 ◆GD..x272/. 2012/09/30(日) 08:02:28.14 ID:xOLZaJBL

>>15
>出現の順序として
>ウィルス→生物(単細胞生物)ってのは無いんだよね
>他の生物の中でしか存在できないのがウィルスだから

いや、元々ウイルスは自己複製能力があったが、
彼らから生物が進化した後、寄生性に特化して単純化
結果的に今の体になったと考えれば、
ウィルス→生物(単細胞生物)もありえる。
50 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 10:07:15.39 ID:b7PtTCkS

>>46
ウィルスの定義変えていいんだったら、人間→ウィルスって主張だってOKだろ。


17 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 01:42:44.89 ID:Pt0ic5oQ

最初に誕生した生物はDNAじゃなくRNAを遺伝子として使っていたと考えられている。
ウィルスの遺伝子もRNAだから「古い生物」の特徴を受け継いでいるとされてるんだよ。


19 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 02:05:18.99 ID:B/OSLVQb

生物と非生物の線引きは難しいな


24 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 02:33:51.90 ID:Jh+R/je7

核すらない異常タンパク質=プリオンはどうなんの?

ただのたんぱく質だぞあれ


26 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 02:45:37.51 ID:Pt0ic5oQ

たとえばミトコンドリアと比較してみる。
もともと独立した生物だったものが、他の生物にとっても有用な機能を持っていたために
取り込まれて共生し、その一部として生きていくことになった。

ウィルスは有用どころかむしろ害になるものだったので、取り込まれることはなかった。
でも、ある意味では共生をしているわけだ。宿主にとっては「進化の速度を高める可能性がある」
くらいしかメリットがないけど。いわば細胞外共生。


27 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 03:05:46.57 ID:Tjs1LhMB

ウィルスが生物なら精子も生物だな


29 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 03:57:17.20 ID:CNj1Pi3m

精子は減数分裂してるからダメ


33 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 04:05:08.50 ID:WVnIVEiL

ゲノムのなかに、人類の祖先が4000万年以上前に感染ウイルスの遺伝子の一部が取り込まれているとかもあるけど

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2680389/5133126


40 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 06:10:16.24 ID:awW1SJUN

花瓶のかけらが花瓶でないように、生命のかけらも生命ではない


41 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 06:19:54.04 ID:PrgUFDgW

生命の定義として「遺伝子orDNA?の器」という考え方が有りなら、
ウィルスも生命の有り様として「有り」なのかもね。
ウィルス---Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9
「ウイルスの起源にはいくつかの説があるが、
 トランスポゾンのような動く遺伝子をその起源とする説が有力である。」


45 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 08:00:51.34 ID:JW9S0QdA

バクテリオファージなんかどう見ても生物に見えない
47 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 08:14:39.61 ID:MKr9Pht+

>>45
あれは機械だもん

05Ion.jpg



48 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 08:29:19.73 ID:Cb543cCz

赤血球とウィルスは真逆?w

細胞膜と細胞質があるけど、染色体ひいては遺伝物質が無い赤血球。もちろん増殖しない

細胞膜と細胞質がないけど、遺伝物質を持つウィルス。増殖専門

赤血球を乗っ取って、体中の勝手な場所で活性酸素をぶち撒けるウィルスというのが
生物兵器で出来たら怖いなあw
55 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 11:15:01.16 ID:BzCbenkO

>>48
ウイルスのほとんどは寄生細胞の遺伝物質に依存しているから
赤血球の中で繁殖するにはヘモグロビンを食うことに特化した細胞である必要があるかと。
マラリアやネコヘモプラズマはそういう病気だし。


53 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 11:03:21.04 ID:BzCbenkO

> 古細菌、細菌、真核生物
この3つはある程度単系統であることが想定されているが
ウイルスは単系統かどうかも定かではない


54 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 11:14:15.73 ID:3+oAu4ZN

いちばん最初の自己複製分子は細胞膜を持ってなかったろうから、
現代のモノで喩えるなら、いちばん近いのがウイルスなのは確か。
自己複製分子の複製・変異・淘汰……で進化が起きて、
自分を覆う膜を作るという答を見つけた分子は存在・複製の効率が格段に向上した。
それが最初の細胞・最初の生命になったわけだが、
第1世代の自己複製分子は、その最初の生命に食い尽くされたはず。

細胞化した自己複製分子は、分裂やら共生やら多重化やらして複雑化した。
細胞内部でも核から外れたところで複製する分子器官があるが、
そういう分子が元の細胞の外で自己複製するようになったのが現生のウイルスで、
第1世代の自己複製分子との系譜は、遠い間接的関係しか無いだろう。


63 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 12:08:57.60 ID:906cznHG

生物板に、「精子は生物か?」
というスレがあったな。

単体でクネクネ動くので生物っぽいが
1、精子の親は精子ではない(人間)
2、精子は子孫を残さない

から、生物としてあるべき根本的なものが欠損してるから
これってカテゴリー的になんなん?と
69 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 13:12:58.97 ID:D7RnXuc8

>>63
精子ですら生物でないというのであればそりゃウイルスもそうだろうや
70 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 13:13:33.79 ID:D7RnXuc8

>>69

火星や金星に精子やウイルスがいても無生物状態だといっていいんだな?


68 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 12:36:56.55 ID:h0QLezSm

遺伝情報こそ生命体の本体そのものであって
それ以外は「遺伝情報の乗り物」説ですか


71 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 13:25:13.36 ID:bB+gD8ci

自己複製できなきゃダメよ。
代謝の一部くらいなら、寄生性の生物でも
分かるが、ウイルスは依存しすぎ。
栄養満点でも他者の装置を要するもんね。


76 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 14:57:23.32 ID:VfVdtZKe

案外、ウィルス自体は自然発生的に生まれてるのかもね


79 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 15:42:15.22 ID:2NIplESj

人もミトコンドリアに寄生してもらわねば生きてけない訳だが
80 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 15:56:33.14 ID:uiCSC2rt

>>79
ミトコンドリアは寄生というより奴隷なんだよ潜り込んだというより食い残しで体内に入って
代謝は自力なのに分裂制御を核にやられてる状態なんだから。


83 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 16:07:19.29 ID:HSsw/JtM

てか、ミトコンドリアのない細胞って どんな生物?
相当効率悪いだろうに? ってか生きてけんの?
84 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 16:30:09.21 ID:D9ANJSel

>>83
真核生物でってことだよね?
Giardiaとか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E9%9E%AD%E6%AF%9B%E8%99%AB

細菌など原核生物にミトコンドリアがないのは当たり前


77 :名無しのひみつ 2012/09/30(日) 15:07:47.02 ID:j6Cp00XN

ウィルスは単系統でなくて、何度も既存の生物から分離してきたのかもなあ
などとたまに考える





破壊する創造者―ウイルスがヒトを進化させた破壊する創造者―ウイルスがヒトを進化させた
(2011/01/21)
フランク ライアン

商品詳細を見る
関連記事

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

jin24


デザイン目下検討中です。
相互リンク・相互RSS募集中です。

カウンター
About
RSS.png  Twitter.png
検索フォーム
RSSリンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
Google
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。